Sorry, in Japanese language only.

いろんな人達が便利に使えるためのMacintosh関連情報を集め提供するサイトです。
使いやすいComputer、そしてバリヤフリーを目指しています。

ぷよぷよマイケル ようこそ いらっしゃいました
最終更新日 1998.5月 (1)

過去の記事 INDEX へ戻る




5月14日
■ 風邪で鼻水が止まりません。
まいりました。昨日から風邪で鼻水が止まりません。明日も予定であちこち行かねばならぬのに、どうしましょう、、、。

(主治医先生、診断書の最後にハンコ忘れてますよぉ。しっかりしぃぃなはれ。)

話は変わって、巷の噂さで気になる件を一つ。G3シリーズが一通り発表されて、残るモバイル関係は来年中期に出るのでは?と言われておりますが、だんだん姿を現し始めてきました。

danboさん率いる「MACお宝鑑定団」にて語られておりましたが、Appleが新しくコンシュマーマーケットに投入しようと計画しているモバイルノートは、コードネーム「Top Gun」と呼ばれるものらしいです。

個人的にはPowerBooK2400/240がとっても欲しい年頃の私なのですが、、、。
(どんな年頃だぁぁって。)

ちと体調が悪いので明日の更新は休みます。お伝えしたいことがたくさんあるのですがすみません。



5月13日
■ とうろう姿をあらわしました、Mac OS X。
いろんなところで大騒ぎしていますので、すでにご存じかも知れませんがジョブス氏の語る今後のロードマップに「Mac OS X」なるものがとうろう姿をあらわしました。

えー、整理して判りやすくしますと、現在発売されているのが「Mac OS 8.1」、その後今年秋に発表される「Mac OS 8.5」、来年初め頃発表されるのが「Mac OS 8.6」、そしてその後に分岐され、G3以上のCPUが可動対象(予定)の「Mac OS X」(エックスとはギリシャ文字で10のことです、ですから通常Mac OS テンと読んでください。)が発表される予定です。

G3 以上というところが引っかかるのですが、今後の開発経緯に注目です。

といいますのは、Windows系パソコンをご覧ください。3年〜5年前の機種でハードデスク等の増設程度で動いているものがあるでしょうか?

高いコンセプトを持たない、相場の安い機器の寄せ集めを稼働させるのに賢明なプログラムの集合体では、せっかく安売りで購入したWindows系パソコンも、3年後には使えるかどうかの確信は持てないのです。

ところがMacはですねぇ、動くんですよ。無論ハードデスクやRAM(メモリー)は増設される場合がほとんどですし、処理スピードも旧機種ほど遅いのも確かですが。

特にCPUの全く異なる68系とPower PC系が現在も職場や家庭で動いている事実。たいしたもんです。

私の友人も、愛着からか未だに68系の一体型にハードデスクを増設してインターネットをしております。

ですから、今後どんな詳細が発表されるのか楽しみですが、Mac OS X(テン)に期待します。


■ お待たせしました、FinderPop 1.6.1J 日本語版がでました。
すでにMacOS 8の標準となってしまったFinderPopですが、表示アイコンのラベルカラーができるようになったり、ファインダーのバグに合わせた処理方法へ変更して、ますます使いやすくなりました。

早速にダウンロードして、あなたのコントロールパネルへ入れてください。(必携です)

あと、例によって簡単な設定例をMacの救急箱へ作っておきましたので、「長くて複雑な説明書を読むのは面倒くさい方」はぜひご覧ください。(知らぬ間に使いやすい環境になります。)

◇FinderPop 1.6.1J 日本語版(232KB)

◇FinderPop 1.6.1J の簡単な設定例



5月12日
■ 画像閲覧の便利ツール「URLCountUp 1.7」がでております。
以前ご紹介しました画像閲覧ページ快適移動ツールがバージョンアップし、URLCountUp 1.7となりました。

電話代を気にしながらも怪しげな画像のページをご覧になる方は、この機会にぜひどうぞ。

これはフリーウェアとほぼ同じメールウェアで、”気に入ったら作者に励ましのメールをください”というやつです。

べつに送っても送らなくても良いのですが、黙々とモニターとにらめっこしている作者への励ましというか、ま、お疲れさまの意味では作者へのアリナミンAでしょうか。(^_^;)

◇URLCountUp 1.7 (150KB)


■ 一般の方はなじみの薄い「テキストエディタNuEdit」がでております。
テキストエディタと申しますと、ま、SimpleTextのようなワープロソフトの簡単なものです。

私はこれで使用説明書を作成したり、mailを書いたりと重宝しております。

これは 1,000円のシェアウェアで、”気に入ったら作者に送金してください”というやつです。

◇スタイルドテキストエディタNuEdit 1.3.3J (日本語版667KB)



5月11日
■ パーソナルなコンピューターについて考える。
私がコンピューターとつき合い始めた頃、フォトグラフィック(商業写真)関係はクリエイティブなMacに注目しはじめた時代でした。

それぞれのMacがほとんど同じ内容で表示されるGUI環境と、ディスクを入れれば勝手にマウントされ、画面に表示されるユーザー・インターフェースや、フルカラー発色を常識のエリアに押さえているOS。そしてなによりケーブルを繋げば簡単に拡張されるプラグ&プレイなどのインテリジェンスな機能性と、なにげない操作で説明書を見る前に動いてしまうOSやアプリケーションの統一された操作性など、その一貫性のある先進的なコンセプトはクリエイティブな業務の効率化に貢献し、アイディアを膨らませる重要な道具と捉えられ受け入れられた要因であったと考察します。

そして幸いなことに、交通事故をきっかけに障害を持ち、スタジオ撮影をあきらめざるをえない環境の中にいた私にも、社会参加の支援機器として優しいコンピューターがMacであることを、障害者となって知ることができました。

一般の健康な方、というか過去の私であれば ”同じ仕事をするのであれば、より良い物が早くできる”ことでMacを意識していたでしょう。しかし、それこそが ”だれにでも使いやすい”ことだったのです。

障害者となって、そのコンセプトの重要性にはじめて気がつかされました。これこそがバリアフリーでありユニバーサルデザインなのではないでしょうか?

多くの他社パーソナル・コンピューターも、現在はGUI環境を取り入れ使いやすくなりつつあります。しかし低価格だけにとらわれることなく、もっと広くユーザーが操作することを意識した内容になり、一日も早くMacと同レベルな ”使いやすいコンピューター”になる日を私は心待ちにしています。

なぜなら、その時こそ、Macを使用せざるをえない環境にある人たちの、購入選択範囲が広がっていくのですから。



5月10日
■ 「ハートネットふくしま」を見てください。
ここのところ、なかなか更新できずにおりました。じつは社会福祉ボランティア団体のホームページを半年ぷりにリニューアルしておったのです。

HTMLタグを書き換えるのに、結構な時間がかかりまして(最後は面倒なので、旧タグとゴチャマゼです。)一苦労でした。

早速関係者にお披露目したのですが、一般的にブラウザで表示される画面にタグがでるわけでもないので、あまり苦労したほどの反応がないのが少し残念ではありましたが、、。

ま、そんなところで一度「ハートネットふくしま」をご覧ください。(原稿の内容が半年前のままなのでご了承ください。)

◇ハートネットふくしま



5月9日
■ ダイアルアップ接続の方へ、ナイスなツールです。
ふだんインターネットをするためにダイアルアップ接続(モデムやTAなどで)するとき、どんなツールを使って回線をつないでいますか?

お堅く[コンパネのPPP]ですか? それとも[純正のインターネットダイアラー]? [個性派のFreePPP]? PowerBooKに便利な[コントロールバータイプのPPP]?

他にもわかりやすくて便利そうなツールが、実にたくさんでております。

Netな私も、便利さを追求すべくたくさんの試行錯誤を繰り返してきましたが「帯に短し、たすきに長し」で、今ひとつコレといったものがなく[純正のインターネットダイアラー]に落ちついておりました。

電話回線を使用することが有料であるユーザーにとって、接続中なのか?あるいは切断されているのか?一目で確認できることは非常に重要です。

かといって、大きな画面を表示するタイプでは邪魔になってしまいますので、ほど良いお手頃感が重要なポイントなんですよね〜。

で、前置きが長くなりましたが、PPPop 1.6.1Jがでております。
(私が紹介する中ではめずらしく、シェアウェアです。US$ 15 )

信号機のように赤とグリーンのカラーを使ったボタン表示とアクション毎のナイスなサウンド、ボタンやその他の表示サイズも好みで選べ、音量も自由自在。

モデムやTAの接続ランプを気にしている方!アップルメニューの点滅を確認している方!時間表示の小さなタイマーを凝視している方! さっそくおためしあれ。

これも純正PPP同様、TCP/IPの初期設定を参照し作動しますので、面倒な設定はいりません。

へんだよ〜、動かないよ〜と言う方はmailください。詳しくやさしくご説明します。( T くん、FreePPPのカスタマイズも程々にね。いつでも連絡まってるよぉ。)

後日、マックの救急箱に「簡単な設定例」を制作する予定です。お楽しみに。 あ、そうそう、作者のページにてオンライン登録できます。

◇PPPop 1.6.1J (568KB)

◇PPPop 1.6.1J の作者のページ


■ 適切なプラグインがありません。て言われても。
いろんなホームページを見ていると、たまに「適切なプラグインがありません」てな事をいわれたことはありませんか?

表示に対応するプラグインが、あなたのブラウザに入っていないからなんです。

しかし、Webに公開されているすべてを入れる必要はありませんのでご安心を。とりあえず、ごく一般的なもの(必要最小限)があれば十分ではないかとおもいます。

そこで、多くのホームページで使われている「Shockwave」のテストをしませんか?

方法は簡単です。まず、一般的なホームページで「Shockwave」の使用されているところへアクセスします。

そしてきちんと表示されていればOK!そうでなければ「Shockwave Flash」をダウンロードし、ブラウザの「Plug-ins」フォルダの中へ、ダウンロードした「Shockwave Flash NP-PPC」という名前のプラグインを入れ、ブラウザを再起動すれば完了です。

テストページとして、集英社が発行する「週刊少年ジャンプ」の公式サイトなどはいかがでしょうか?ここなら判りやすいです。

もちろん、最初から画像や動画は見ないよ!とブラウザを設定されている方は、必要ないとおもいますがご了承ください。

◇「週刊少年ジャンプ」の公式サイト

◇マクロメディア社の「Shockwave Flash」をダウンロードするページ(日本語)



5月7日
■ でました「iMac」
とうとう出てきました。新型Macの登場です。前回のG3発表の時のようにそのほとんどをTopSecretに包んで、発表間近にapple.comのホームページに「何かがあるゾ〜」とのコメントを残し、そして今回(日本時間AM4時ころ)の発表です。

一見するとカワイイ一体型ですが PowerPC 750/233MHzの頭脳と4GB HDD(IDE)を備え、きちんとMacらしくネットワークを考慮した10Base-Tもしっかり実装しております。

価格は1,299 US$(約17万円前後)ですが、日本ではどの程度の価格で販売されるのでしょう?同程度を期待しますよAppleさん。

毎回 新商品が発表されるたびに思うのですが、以前は車を買うかMacにするか、と迷うほど高価で誉れ高き、パソコン界のベンツといわれていたMac。

簡単に手に届く物になればなるほど、購入できるかも知れない喜びの反面、手元にある旧機種達がかわいそうな気がします。(;_;)

しかし、低価格の波は良い事。もちろん様々な部分でDOS-Vに似た構造になって行くのも仕方ないと思いますが、サポートする身分としてはWindowsで常識語となっている「相性が悪いもんで....」の泥沼には入りたくないな〜。(^_^;

だって返品する以外には、困っている方への対処のしようがないですもん。

ま、そんなわけで(どんなわけだ〜)今までのADPポートでなくUSBが2つになっております。(これは良いことです)

実際に写真を見て下さい、15インチモニターがカワイイiMacを。はっきり言ってこれは売れます。

どこの雑誌も、このiMacと新型PowerBOOKの話題でしばらくは持ちきりになるでしょう。

◇AppleのiMac発表のページ


■ ワールドサッカー日本代表は誰でしょう。
今日、ワールドサッカーの日本代表が発表されるそうです。いったいどんなメンバーが選ばれるのでしょうか?朝の更新にてまだわかりませんが楽しみです。

せめて一勝できれば、同じ日本人としてたいへんうれしいです。がんばれニッポン!


■ F1グランプリ(スペイン・バルセロナ戦)
待ちに待ったF1グランプリ。前回のサン・マリノから14日目の今回(5/10日曜日)はスペイン・バルセロナ戦。

そして次回14日目(5/24日曜日)はF1グランプリ最大の見せ場、モナコグランプリ(モンテカルロ戦)と続きます。

世界各地を嵐のように盛り上げる、F1サーカスの一番の見所が今の時期ではないでしょうか。

しかし昨年より各チームで採用されるようになったXウイング(サイドウイング)をご存じですか?

最初に目にした時、私はバックミラー(サイドミラー)かと思いました。これがウイングだったとは・・・超カッコワルイ整流板です。

そう思うのも私だけではなかったようで、代表のFIAがパリで行った会議で、このXウイングを禁止することを決定したそうです。

今期は、あのフェラーリのボディーにも取り付けられてしまったため、伝統のイタリアンレッドがカッコワル〜感じになっておりましたが、無くなる方向にホッとしております。

◇M's Homepage -for F-1 freak



5月6日
■ やまざきかおりさんをご存じですか。
かわいい絵を描かれている ”やまざきかおり”さん。ご存じのない方も多いとおもいますが、描かれた絵は見たことがあるでしょう。

この方、MacOS 8の標準CD-ROM中に、デスクトップピクチャとしてかわいいマンガの「いねむりかえる」などを描かれた方です。

その後も作品を制作されておりまして、今年開催されましたMac World Expo のときにもMACWORLD誌のブースで、フロッピーにて配られたりしております。

Webでも公開されておりますので、気に入ったものがありましたらあなたのMacの壁紙にご使用下さい。

◇「かおりのあとりえ」の紹介と第一段目のページ

◇「かおりのあとりえ」の最新版はこちら


■ 起動の度に背景画を変えませんか。
MacOS 8になってから、簡単にバックの背景画を取り込めるようになりました。

自分の気に入った絵や家族の写真など、ホント気軽に表示できて便利になったのですが、いつも同じではあきてしまいますよね。

以前にもお伝えしましたが、MacOS 8の「デスクトップピクチャ」機能には起動の度にあなたの好きな絵や写真をランダム表示表示できる機能が備わっています。

方法はとっても簡単です。その方法を「Macの救急箱」の「デスクトップピクチャのランダム表示について」に説明してありますのでぜひ試して下さい。

◇デスクトップピクチャのランダム表示について



5月4日
■ メモリーはどのくらいありますか?
同じ容量の書類(データ)でも、フロッピーからのアクセスよりハードディスクからの方が早いですよね。

そのハードディスクよりメモリー(ここで言うメモリーとはRAM [Random Access Memory] のことです)の方がさらに速いので、一般的に常時読み書きされるもの(Systemなど)はメモリーに常駐するようになっています。

そのほかにもアプリケ(ソフト)が使用しますので、現在のPCはたくさんのメモリーを必要とし、50MB〜100MB以上はあたりまえのような風潮にさえあります。

このまえ(と言っても5〜6年前ですが....)までは、4MBメモリーが5万円を割り4万円台になったことを、ニュースで「コンピューターメモリー業界もとうとう1MB => 1万円台になりましたね〜」なんて言っていたのに。

(ホントです。7年前の1991年頃は PowerBook の2MBメモリーが7万円、 PowerBook 4MBメモリーに至っては19万円もしておりました。)

それを考えると現在はたいへんお手頃な価格になりましたよね、増設を考えているなら今かもしれませんよ。

それはさておき、いおりさんの「林檎の木の下で」の中で、5/3記事に「ShrinkWrapでRamDiskを作ってみよう」の記事がでております。

某教育塾先生の彼ですが、生徒に教えるようなタッチで判りやすく解説されております。
(さすが。)

◇「林檎の木の下で」のページ



5月3日
■ でましたFinderPop1.6.0J 日本語版。
お待たせしました。昨日お知らせしたFinderPop1.6.0J 日本語版が公開されました。

いくつかのバグが修正されたほか、アイコンを収集/表示するコードが書き直され、これによりアイコン表示が若干速くなったようです。他にもラベルカラーが反映されるようになりました。

さっそくコントロールパネルの古いFinderPopをゴミ箱へ入れ、FinderPop1.6.0Jをお使いください。

◇FinderPop1.6.0J (日本語版)(232k)

◇FinderPop1.6.0J の簡単な設定方法のページ
 (画像が多くてすみません)


■ そして定番StuffIt Expander 4.5Jです。
インターネットの解凍ツールの定番StuffIt Expanderですが、昨日お知らせの通りStuffIt Expander 4.5J 日本語版がでました。

インストールファイルがダウンロードされますので、あなたの所定の場所へインストールされた後、ご使用の前にStuffIt Expander 4.5J を立ち上げて、以下の手順で環境設定をしてください。

まず「ファイルメニュー」の「環境設定」を選び、解凍アイコンの欄の「アーカイブを解凍」と、その下の「解凍後に削除」、そして「エンコードファイルを解凍」と、その下の「解凍後に削除」のそれぞれ4つの項目をチェックすると、不要なhqxファイルやsitファイルが表示されなく、きれいに解凍されます。

◇StuffIt Expander 4.5J アンケートページ

◇StuffIt Expander 4.5J (469KB)



5月2日
■ FinderPop最新版がでました。
Mac OS8をご使用のみなさん、FinderPop1.6.0(英語)がサイトより発表されました。

近日中にローカライズされてFinderPop1.6.0J(日本語)が発表されますので、今しばらくお待ちください。

ほかにもファイル解凍でおなじみのStuffIt Expander 4.5J が一時公開されたのですが、なぜかACT2のサイトから削除された模様です。

きっと日本語ローカライズにミステイクがあったのでは?じきに再公開されると思いますので、こちらもお待ちください。

ちょいと更新をさぼっておりました。周りはGWだというのになぜか某社の社内報制作にて、ない知恵を絞っておったのです。

どうでもいいけど早く原稿の写真ちょうだいよ某社担当者くん、ネガでいいからぁ。(すぐには仕上がらないのよ、何事も。)

業界の鉄則 「まかせます」とは? => 繊細でシビアな内容が要求される言語。時に依頼者の発想を超えないと、二度と仕事はこない。(;_;)


■ 音楽CDに合わせて画面が変化します。
フリーウェアでRHYTHMIC CIRCLE 10r2 (FAT)がでております。

このソフトは、音楽CDに合わせて画面を変化させるものです。現在プレイしている曲を解析して小さなグラフを走らせる画面などもあります。(個人的にはボールが踊る画面が質素で好きです。)

◇RHYTHMIC CIRCLE 10r2 のホームページ

◇RHYTHMIC CIRCLE 10r2 (FAT) (60KB)


■ デスクトップが侵食します。
スクリーンセイバーとはちょっと違うのですが、マウスの動きに反応する光の粒子の振る舞いを楽しむ新感覚ソフトがでております。

これもフリーウェアなので気に入ったらご使用ください。Hisashi Hodaさんのプログラムです。

「デスクトップの侵食を試みた」らしいですが、なるほど私のデスクトップも侵食されたように動いてます。これをアップルメニューに入れて、休憩タイムに動かしていたなら楽しいでしょうね!!(ちと、うっとうしいかも。)

数種類用意されていますが、なかでも「Test Piece」はGoodでした。ホントに浸食された気分です。

◇Hisashi Hodaさんのホームページ

◇「Test Piece」(20KB)


■ Norton UtilitiesのVersion3.5.3を買った方への注意。
ユーティリティツールとして超有名なSYMANTEC社のNorton Utilities。

HFS+を考慮したVersion3.5.3が店頭で販売されている最新版なのですが、なぜかアップデータは同一内容でも3.5.2。きっとインストーラーがあるから区別しているのかな?と思っていた矢先、CD起動のトラブルが発生しております。

普通CD-ROMから起動する場合、Mac純正OSのCD-ROMを入れて起動しますが、以前よりSYMANTEC社のNorton UtilitiesはCD-ROM内に緊急用の起動ディスクがありまして、このCD-ROMを入れても起動するのです。

で、話題になっている今回の問題とは、その「Norton UtilitiesのCD-ROMで立ち上げようとしたら文字化けなどで起動できないょ〜」との内容なのです。

何のことはない、Mac純正OSのCD-ROMを入れて起動すれば良いだけなんですが。

起動後、フロッピーディスクからDisk DoctorやSpeed Diskを実行すればOKです。(念のため)

当のSYMANTEC社は緊急用の起動ディスクをなんとか立ち上げたいために、トラブルのあるユーザーへPRAM をクリアなどをアナウンスしておりますが、ノートンおじさんのお世話にならなけばいけないような時こそあわててはいけません。

落ちついてMac純正OSのCD-ROMを入れ、あなたのMacを起動しましょう。

MOドライブや外部ハードディスクなどに、システムフォルダをバックアップされている方は何も申しません。あなたは完璧です。

そうでない方、迷わずMOドライブを購入しませんか。何かと便利ですし......。

◇SYMANTEC社のホームページ



Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です.
記載する記事や内容は保証できるものではありませんので、それに基づく事故等の責任はご遠慮ください。