Sorry, in Japanese language only.

いろんな人達が便利に使えるためのMacintosh関連情報を集め提供するサイトです。
使いやすいComputer、そしてバリヤフリーを目指しています。

ぷよぷよマイケル ようこそ いらっしゃいました
最終更新日 1998.8月 (1)

過去の記事 INDEX へ戻る




8月30日
■ Navi iRae 1.2 がでております
すでに定番として定着した「FinderPop」でが、iMacの付録として標準で付いてくるようです。(ホントかな〜?)
今回紹介する『 Navi iRae 1.2』も、同じような機能をもったFinder関連の超一押しアイテム(コントロール書類)です。
と言っても、5月に紹介した『Navi iRae 1.13』のバージョンアップですので、すでにご使用の方は古いのと入れ替えてご使用下さい。

前回同様、先ずはご説明から・・・

Mac OS 8 以降の標準機能として、ウインドウのタイトル部分をコマンドキーを押しながらクリックすると上の階層を見たり上がれたりするのですが、ご存じでしたか?

私は階層を上がるだけでなく、バックアップやメディア間のコピーに、と非常にコマンドキーを多用しておりました。

なぜなら、ハードディスクにあるフォルダのウインドウと、似たような名前のフロッピーやMOにあるフォルダのウインドウの分別が曖昧な時、ウインドウのタイトル部分をコマンドキーを押しながらクリックするとすぐに判るからです。

(今すぐ試せます、なんせMac OS 8 以降の標準機能ですから。開かれているウインドウのタイトル部分を、コマンドキーを押しながらクリックですよ。)

え〜、前説が長くなりました。 紹介する「Navi iRae」は「FinderPop」同様、両手を使うことなくマウスクリックのみで上の階層を見たり上がれたりすることができます。

使い方はいたって簡単。マニュアルは英語ですが気にすることはありません。このフリーウェアをダウンロードして「Navi iRae」と書かれたコントロール書類をMacのシステムフォルダのコントロールパネルに入れるだけ。

そのコントロール書類には表示間隔を決めるshortとlongのスクロールがあったり、informationの欄があったりしますが、あまり気にしないで下さい。
(そのままの設定がベストかと思います。)

う〜ん、これで名実共にWindows98を越えたインターフェースになります。(Windowsユーザーさん、すみません) でも一つのボタン(マウス)で操作可能な環境だと、ホントに可能性が広がるんです。たとえば片手が不自由だとか、タブレット使用とか、、、。

◇Navi iRae 1.2 (78KB)


■ Internet Config 2.0J がでております
インターネット関連の設定をひとまとめにして設定できるアプリケーションで、以前までは『インターネット設定』として知られていたモノです。

これで設定しておけば対応ソフトは細かい設定が不要になりますが、今回のバージョンアップでは複数セットの使用が可能になりました。

複数のプロバイダへ接続される方(私だけかな〜?)には、非常に重宝する機能が付加されました。

◇Internet Config 2.0J (198KB)


■ かっこいいディスクトップピクチャ『優's Desktop Picture』の紹介
ちょっと更新が滞っておりまして申し訳ございませんでした。何を隠そう私の地元 福島県は大雨洪水の災害にて、周りでは「救済だ!ボランティアだ!」と大騒ぎだったもので、こちらとは別の方で多忙を極めております。(え〜ん、iMac見に行きたいよぉー)
ま、なんとか続けていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

毎週ご紹介しております"やまざきかおりさん"の『いおりのあとりえ』のホームページがリニューアルしました。
以前の1点モノも紹介では中々過去の作品が探しづらかったのですが、今回からは一覧でわかりやすくなっております。で、今回のタイトルは『たいふうのめだま』だそうです。

その他に、とってもかっこいいディスクトップピクチャ『優's Desktop Picture』の紹介です。
こちらは"スタートアップスクリーン"と"ディスクトップピクチャ"と2種類入っていますので、どうぞダウンロードされてご使用下さい。(う〜ん、レモン色のバックとクリスタルなリンゴがとってもクールです)

◇『いおりのあとりえ』のページ

◇優's Desktop Picture のページ



8月27日
■ 「からまつ荘」土砂崩れにて被害
昨日26日夜より、福島県南部から茨城県北部にかけて雷を伴う局地的な大雨が発生し、27日午前5時前(早朝)、福島県西郷村真船にある心身障害者総合施設「太陽の国」内の施設「からまつ荘」の裏山で大雨により土砂崩れが起き、鉄筋コンクリート2階建ての同施設の一部(1階部分)が土砂で埋まり死傷者が発生する災害がおきました。

上記災害の件を『ハートネットふくしま』にて緊急報告しましたので、どうぞご覧ください。また、情報などございましたならお知らせ下さいませ。



8月26日
■ ノートン ユーティリティ次期バージョンの案内
日頃お世話になっているSymantec社のNorton Utilitiesですが、Macの新しいフォーマット(HFS+)に未対応だったため、仕方なく新しいフォーマット(HFS+)をあきらめておりました。

だってトラブル発生の緊急時に、ノートン先生のお世話になれないのでは悲しいではないですか!

そんなNorton Utilitiesですが、やっと次期バージョンの予定がでてきました。9月中旬頃に発表、10月頃発売予定だそうです。

ま、結局 Mac OS8.5 と同時期の発売になるようです。(順調に行けば・・・)

現在ネット上に『Norton Disk Doctor』と『Speed Disk』のベータ版がでておりますが、トラブルがあっても自己責任(と言うかユーザーにトラブル報告をしてもらうのが目的)の『ベータ版』ですので、専門知識のない方は製品発表までお待ちください。

(9月30日から10月3日まで開催される“WORLD PC EXPO98”にてデモンストレーションを行う予定)


■ iMacはどこに行けば見られるの?
アメリカでは大いに好評なiMacですが、日本では未だに販売店騒ぎでもめとります。

「専門知識云々〜」と言うアップル側の気持ちもわかりますが、販売どころか展示先すら限られてはしょーがないですよね。地方に住む者にとって、これは痛いです。

気むずかしい事を言ってないで、デバート(駅のそばの丸井とか)等みんなの目に触れる所で販売してほしいです。

携帯電話やPHSにプリクラ貼っているような若い女の子が「キヤーキヤー」言いだすような演出しないと、本来の購買層(実数での主力)である世の男性は、iMacに心動かされても経済的決断力に欠けやすいのですから・・・(それって私だけかな・・・?)

そういえば、アドビ社のIllustratorは8.0になるようです。って、もっとフォント管理わかりやすくしてよね!


■ がんばれ!!ゲイツ君
われわれ読者に毎回面白いネタを発表してくれる『がんばれ!!ゲイツ君』が、『夏休み特別企画』をしております。
『MS−WORDの世界戦略』の「インターネットでもっとも使われているワープロは、ワードです」には苦笑させられました。

話変わって、フジテレビ朝の番組『目覚ましテレビ』にてiMacが見られます。司会者のバックのセットとして、チラチラと登場しておりました。(う〜ん、もっとよく見たいです)


■ gooの「フリーメール」
NTTアド“goo”において今年の5月より始まった、無料電子メールサービス「フリーメール」

5月のサービス提供開始以来1日に約1,000人のペースで登録者が増加し、現在登録者数が7万人を突破したそうです。アクセス数では1日40万を超え、日本最大級のWebメールサービスとなったようです。

この「フリーメール」は、何の設定も必要なく新規メールアドレスを無料で持つことができ、ブラウザでメールを見ることができるサービスです。

ま、タダより高いものはない道理で、広告表示のためのフレーム構造のため表示も動作も重いだけでなく、実際のmail表示部分も他フレームに占領され小さいのでスクロールしまくりでした。

取りあえずohayou@mail.goo.ne.jpにて登録してみたのですが、あれで新聞を読む気にはなれませんでした。同様に登録された方は「フリーメール」のmailお待ちしております。

◇goo「フリーメール」のページ



8月24日
■ 英語のメニューを日本語にする、やまとメニュー 1.0.4J(最重要)
前回お知らせしました『やまとメニュー』が、ワイルドカード「*」を含む置き換え文字列の優先順位を下げるなどの修正をし、再びバージョンアップしました。

現在の新しいバージョンは『1.0.4J』ですので、ご使用の方はアップされて下さい。

◇やまとメニュー 1.0.4J のページ



8月23日
■ ドラえもんの最終回
べつにテレビのどらえもんが終わってしまうのではなく、またMacとは何の関係もないのですけど、mailで頂いた文章なのですが、読むとけっこう良くできているストーリーだったもので、どうぞ皆さんもごらんください。


『ドラえもんの最終回』

のび太とドラえもんに別れの時が訪れます。それは、なんともあっさりと・・・。

のび太はいつものように、宿題をせずに学校で叱られたり、はたまたジャイアンにいじめられたり、時にはスネ夫の自慢話を聞かされたり、未来のお嫁さんであるはずのしずかちゃんが出来杉との約束を優先してしまう、などなどとまあ、小学生にとってはそれがすべての世界であり、そんな普通の日々が続いておりました。

その日もいつものようにママに叱られたのかもしれません。
とにかく、いつものように、あの雲が青い空に浮かんでいた、天気のいい日であることは 間違いないことでしょう。

そんないつもの風景で、
ドラえもんが動かなくなっていた・・・。
当然、のび太にはその理由は分かりません。

喋りかけたり、叩いたり、蹴ったり、しっぽを引っ張ってみたりもしたでしょう。
なんの反応も示さないドラえもんを見てのび太はだんだん不安になってしまいます。

付き合いも長く、そして固い友情で結ばれている彼ら、そしてのび太には動かなくなったドラえもんがどういう状態にあるのか、小学生ながらに理解するのです。

その晩、のび太は枕を濡らします。
ちょこんと柱を背にして座っているドラえもん・・・。
のび太は眠りにつくことができません。
泣き疲れて、ただぼんやりしています。

無駄と分かりつつ、いろんなことをしました。
できうることのすべてをやったのでしょう。
それでも何の反応も示さないドラえもん。

泣くことをやめ、何かしらの反応をただただ、だまって見つめ続ける少年のび太。
当然ですがポケットに手を入れてみたり、スペアポケットなんてのもありましたが動作しないのです。

そして、なんで今まで気付かなかったのか、のび太の引き出し、そう、タイムマシンの存在に気がつくのです。
ろくすっぽ着替えず、のび太はパジャマのまま、22世紀へとタイムマシンに乗り込みます。

これですべてが解決するはずが・・・。

のび太は、なんとかドラミちゃんに連絡を取り付けました。
しかし、のび太はドラミちゃんでもどうにもならない問題が発生していることに、この時点では気が付いていませんでした。
いえ、ドラミちゃんでさえも思いもしなかったことでしょう。

「ドラえもんが治る!」、のび太はうれしかったでしょう。
せかすのび太と状況を完全には把握できないドラミちゃんは、とにもかくにも20世紀へ。

しかしこの後に人生最大の落胆をすることになってしまうのです。
動かないお兄ちゃんを見て、ドラミちゃんはすぐにお兄ちゃんの故障の原因がわかりました。
正確には、故障ではなく電池切れでした。
そして電池を交換する、まさにその時、ドラミちゃんはその問題に気が付きました。

予備電源がない・・・。

のび太には、なんのことか分かりません。
早く早くとせがむのび太に、ドラミちゃんは静かにのび太に伝えます。

当然、のび太は理解できません。
なんと、旧式ネコ型ロボットの耳には電池交換時の予備電源が内蔵されており、電池交換時にデータを保持しておく役割があったのです。そして、そうです、

ドラえもんには耳がない・・・。

のび太もやっと理解しました。そして、ドラえもんとの思い出が甦ってきました。
初めてドラえもんに会った日、数々の未来道具、過去へ行ったり、未来に行ったり、恐竜を育てたり、海底で遊んだり、宇宙で戦争もしました。鏡の世界にも行きました。 どれも映画になりそうなくらいの思い出です。

ある決断を迫られます・・・。

ドラミちゃんは、いろいろ説明をしました。
ややこしい規約でのび太は理解に苦しみましたが、 電池を交換することでドラえもん自身はのび太との思い出が消えてしまうこと、 今のままの状態ではデータは消えないこと、ドラえもんの設計者は、設計者の意向で明かされていない(超重要極秘事項)ので連絡して助けてもらうことは不可能であるという、 これはとても不思議で特異な規約でありました。ただ修理及び改造は自由であることもこの規約に記されていました。

のび太、人生最大の決断をします。

のび太はドラミちゃんにお礼を言います。
そして『ドラえもんはこのままでいい』と、一言告げるのです。
ドラミちゃんは後ろ髪をひかれる想いですが、何も言わずにタイムマシンに乗り、去っていきました。
のび太、小学6年生の秋でした。

あれから、数年後・・・。

のび太の何か大きく謎めいた魅力、そしてとても力強い意志、どこか淋しげな目、眼鏡をさわるしぐさ、黄色のシャツと紺色の短パン、しずかちゃんが惚れるのに時間は要りませんでした。

外国留学から帰国した青年のび太は、最先端の技術をもつ企業に就職し、そしてまた、めでたくしずかちゃんと結婚しました。
そして、それはそれはとても暖かな家庭を築いていきました。

ドラミちゃんが去ってから、のび太は『ドラえもんは未来に帰った』とみんなに告げていました。
そしていつしか、誰も「ドラえもん」のことは口にしなくなっていました。

しかし、のび太の家の押入には「ドラえもん」が眠っています。あの時のまま・・・。

小学生の頃、成績が悪かったのび太ですが、彼なりに必死に勉強しました。
そして中学、高校、大学と進学し、かつ確実に力をつけていきました。
企業でも順調に、ある程度の成功もしました。
そしてもっとも権威のある大学に招かれるチャンスがあり、のび太はそれを見事にパスしていきます。
そうです、「ドラえもん」を治したい、その一心でした。

人間とは、ある時突然変わるものなのです。
それがのび太にとっては「ドラえもんの電池切れ」だったのです。
修理が可能であるならば・・・それが小学6年生ののび太の原動力となったようでした。

そしてのび太は技術者として、今、「ドラえもん」の前にいるのです。

あれからどれくらいの時間が経ったのでしょう。
しずかちゃんが自宅の研究室に呼ばれました。
絶対に入ることを禁じていた研究室でした。

自宅の研究室にて・・・。

中に入ると、夫であるのび太は微笑んでいました。

そして机の上にあるそれをみて、しずかちゃんは言いました。
『ドラちゃん...?』

のび太は言いました。
『しずか、こっちに来てごらん、今、ドラえもんのスイッチを入れるから』

頬をつたうひとすじの涙・・・。
しずかちゃんはだまって、のび太の顔を見ています。

この瞬間のため、まさにこのためにのび太は技術者になったのでした。

なぜだか失敗の不安はありませんでした。
こんなに落ち着いているのが変だと思うくらいのび太は、静かに、静かに、そして丁寧に、何かを確認するようにスイッチを入れました。

ほんの少しの静寂の後、長い長い時が繋がりました。

『のび太くん、宿題は済んだのかい?』

ドラえもんの設計者が謎であった理由が、明らかになった瞬間でもありました。
あの時と同じように、空には白い雲が浮かんでいました。

・・・おしまい。

<fooより>いかがでした?なんか架空の出来事にも関わらず「ホロリ」としてしまいそうなお話でしたよね。



8月22日
■ 障害を持つ人たちのためのコンピュータ虎の巻
障害をもつ人たちにとって、コンピュータは様々な生活支援の道具になります。もちろん障害の種類や度合によって接し方も使用方法も様々ですが、一般的な福祉機器同様広く認知されないために、使用するための支援機器があるにも関わらず一般の量販店での受け答え(販売店員の教育不足による間違った偏見)での挫折に終わってしまう場合があるようです。

前回お知らせしたIBMの『こころWEB』もそうでしたが、(社)日本電子工業振興協会の『障害を持つ人たちのためのコンピュータ虎の巻』も、そうした支援機器の総目次を作っております。

障害の種類や度合であきらめてはいけません。特に重度の障害と向き合っている方こそ、新たな表現方法を手に入れることによって、大きな出会いと感動が生まれてくるのではないでしょうか。

私を含め多くの方々には、それら支援機器を研究開発する機会がなくとも、知識として認識し広く啓蒙することはできると思います。

◇障害を持つ人たちのためのコンピュータ虎の巻
 (どうすればコンピュータを利用できるの?)


■ PowerBook2400cの発色を正常化するツールです
普通、画像処理などをする場合(それに限った訳ではありませんが)ディスプレイの発色を整えておかないと、全く使えない画像やイラストができ上がってしまう結果になります。

たとえば、そのディスプレイで「赤」と思って使われていた色が「赤」ではない、または「白」と思って使われていた色が「白」ではない可能性があるからです。
これを「ディスプレイのキャリブレェーションを整える」と云います。

で、本題に戻りますが、PowerBook2400cの場合、液晶の発色特性として青味が強くコントラストもネムイため、とてもこのままでは"Photoshop"等での画像処理に向かない(使えない)表示です。

もちろん"Photoshop"等に付属の『ガンマ』にてカラーやコントラスト(ガンマテーブル)を整えている方もいるでしょう。

しかし、今回紹介するのは"Photoshop"等に付属の『ガンマ』よりデリケートに、そして正確にPowerBook2400cの発色を整えるツールとデータ集(ガンマテーブル数値表)です。(PowerBook2400cのユーザーのみ対象です)

先ず使用する前に一準備。"Photoshop"等に付属の『ガンマ』を使用しているのでしたなら、コントロールパネルからこれをはずして下さい。

また、必ずコントロールパネル書類の『モニタ&サウンド』を開き、『モニタ』欄の『ガンマ』項目を『ガンマ補正なし』にし、再起動しましょう。

次にダウンロードした「ガンマカーブ設定」を開き、「GammaCorrector1.0r1.1」をダブルクリックします。
すると"GammaCorrector"が開きますので、その中の『Load...』を(右中にあります)クリックします。
そして"Ben's Setting (gamma = 1.8)"を選択すればOKです。

いったん設定を完了すれば後は"手間いらず"ですので、そのままお使い下さい。
もちろん不要であれば「ゴミ箱」へ入れて、コントロールパネル書類の『モニタ&サウンド』を開き、『モニタ』欄の『ガンマ』項目を『Mac Standard Gamma』に戻し再起動すれば、いつでも元に戻りますのでご心配なく。

当初、私はPowerBook2400cにてイラストや画像処理をあきらめかけていたのですが、これでなんとか使えそうです。そんな気になるほど正確なガンマテーブルデータ集です。
(RGB各色のデータを拾い集めた努力に感謝)

◇GammaCorrector1.0r1.1 (197KB)



8月16日
■ TrackPadPlus 1.1.1 がでております
PowerBookで文書を入力すると、手前のトラックパットについつい触れてしまうことがありますが、この"TrackPadPlus"は文書入力中のトラックパット使用をON,OFFできるコントロールパネル書類です。

ダウンロード後"TrackPadPlus1.1.1"をコントロールパネルへ、"TrackPadPlus ControlStrip1.1.1"をコントロールバー項目へ入れ、再起動後使用できます。

使用する設定方法はコントロールパネルの"TrackPadPlus"を開き、『起動時の設定』のチェックボックスをマウスでクリックします。(起動時は常に[OFF]に設定するようにします)
次に『クリックの設定』の項目(5ヶ所)全てのチェックボックスをマウスでクリックします。

で、使用する時(文書入力などでトラックパット使用をOFFしたい時)には画面に表示されているコントロールバー項目の『マウスを使用停止』を選べばすぐに使えます。
(コンテクストメニュー用の書類もありますが、それは不要です。)

◇TrackPadPlus1.1.1 (40KB)


■ Geneva2Osaka 0.80b3がでております
前回(7/30)お知らせしましたが、GraphicConverterなどの英語ソフトを日本語にするために日本語バッチを当てても細かい部分まではできません。
それは英語ソフトがフォントをGenevaで表示しようとするからです。でも、それを日本での表示の基本となっているOsakaに変更してやればOKなのです。

ま、特別にコンフリクトするわけでもありませんので、安心して機能拡張フォルダへ入れてください。再起動すればOKです。

◇Geneva2Osaka 0.80b3 (15KB)


■ 障害を持つ作家のWebギャラリー「アート村」開設
人材派遣会社のパソナグループで、障害を持つ作家が絵画/工芸作品を公開するためのWebページ・ギャラリー「アート村」を開設しました。

この「アート村」開設の趣旨は、障害者の就労分野拡大や雇用促進を目的としており、障害者の芸術面での能力を引き出し社会的自立を支援するものです。

『下記原文』
芸術(アート)を通じて障害を持つ方々に就労の場を提供し、社会的自立を応援する「アート村」をプロデュースする、それがアート村プロジェクトです。「アート村」では、障害を持つ方々がアート活動を行いそのような方々を企業が雇い入れるという形態をとることを理想のひとつと考え提案をしています。また、常時就労することが困難な方には、作品の販売や各種の媒体に有料で使用していただく形で自立を支援します。

◇パソナグループWebページ・ギャラリー「アート村」


■ ネットワークとモバイル必携の通信機器
数台のパソコンを使用する環境にいると、大事な書類があちこちに分散してしまう傾向があります。それぞれのパソコン内部のハードディスクに保存されることから『ディスク環境』と呼ばれ、データのやり取りのためにフロッピーやMOなどの媒体が必要になります。

一方、iMacのようなネットワークに特化したパソコンに代表される、お互いをネットワークで相互に結ぶ環境にすることを『ネット環境』と呼び、こちら側は常に同一内容の書類を更新しあうか、又は分散化を防ぐため1カ所に集約する手法がとれるため、その使い勝手が飛躍的に伸び作業効率が驚くほど上がります。
一般的に「社内でコンピュータを2台使用すると、作業効率は2倍でなく3倍にも4倍にもなり得る。」と云われている言葉の裏側には"社内LAN"が組まれている前提があるのです。

なんかネットワークとかLANとか聞くと「面倒なのでは?」と思いがちですが、Windowsと違いMacの場合はイーサネットポートも標準にて装備され、また設定も簡単な環境(OSとして)ですので是非お試しください。
(大学や研究室でMacが多いのはこの影響もあります)

インターネットで爆発的に普及したネットワークが一般家庭に浸透するのも時間の問題です。あのスティーブ・ジョブス氏が語るところによれば、イーサネットの転送スピードがもう少し早く(ハードディスクより早い)なればハードディスクがいらない低価格のパソコンが作れるのですから。

え〜、話が飛んでしまいましたが本題はここからです。
先月、モバイルを極めるべくPowerBook2400c/240を2台購入したのですが、辞書等を入れて持ち歩くため標準のハードディスク(容量2G)では足りず4Gに載せかえたのです。で、手元に残った2GのハードディスクをPCカード付き外部ATAディスクとして使用するため、『citiDISK』という商品を購入し緊急時の控えにしているのですが、2台のうちの1台がカード排出しないため苦労しております。
う〜む、いったい何が悪いのでしょう。

そのPowerBook2400c/240にてモバイル通信をしようと計画しているのですが、そのために必要なPHSをSII社のカードタイプPHS(MC-P110/TDとMC-P100/TD)にしようと考えておるのですが、これがまた悩むのです。
MC-P100/TDは普通のPHSなのですが、MC-P110/TDは今話題の『あんしんだフォン(通話相手先限定サービス)』対応にて\980/月の基本料金。

インターネットに特化するか?出先のFAX使用も考慮するか?悩みは尽きないのでした。
(もっとも、来年にはISDN並みの64kになってしまうしな〜)

話変わって、やまざきかおりさんの「かおりのあとりえ」より新作がでております。
今回は夏のかわいいオバケもので、タイトルは「いなかみち」だそうです。

他にも「こちら」ではiMacのカッコイイディスクトップピクチャーがあります。


■ どこのサイトもiMacです
いよいよアメリカで発売されたiMacですが、日本の発売日はいつになるのでしょうか?

さまざまな推測が流れていますが、ホントに今月中に発売されるのでしょうね?アップルジャパンの福田さん

それにしてもiMacはオシャレです。ホントに細部までこだわりが感じられる作りになっております。
その画像をとらえた写真集がでておりますので、とくとご覧ください。

◇iMac WEEK PHOTOのページ(iMacの様々な写真を公開している写真館)



8月13日
■ Tex-Edit Plus 2.3.4J がでております
Tex-Edit Plus とは、いわゆるエディタです。といっても聞き慣れない方が多いと思いますが SimpleText と同じようなもので、Microsoft WORD や 一太郎 のように起動が重くメモリーをたくさん消費することがなくサクサク動き、しかもワープロソフト等とほぼ同じ機能(文章を入力したり編集する)を持ちながらも軽量なワープロソフトだと思ってください。
もちろん SimpleText より高機能で、私は長文作成やホームページのタグ書き等に重宝し使用しております。

他のワープロソフトで作られたテキスト文書のほとんどを読み書きできますので、手元にあると便利な一品では?

◇Tex-Edit Plus 2.3.4J (J) のページ

◇Tex-Edit Plus 2.3.4J (J) (652KB)


■ おいおい、Office 2000 ですか
Microsoftは今月10日、「Office 2000」のベータテストを開始したそうです。
そうですかぁ、"Office 2000"ですかぁ。わたしゃてっきり次回作は"Office 00" かと思っておりました。 (^_^;)

なんだか新機能を知る前から内容が予想されてしまうような、いやはやなんとも的な感想を拭いきれないのは私だけ?



8月8日
■ 英語のメニューを日本語にする、やまとメニュー 1.0.3J(最重要)
前回お知らせしました『やまとメニュー』がポップアップの文字化け等の不具合を修正し、バージョンアップしました。

現在の新しいバージョンは『1.0.3J』ですので、ご使用の方はアップされて下さい。
(とても実用的で良い商品なのですが、シェアウエア\1,000 が痛いです)

◇やまとメニュー 1.0.3J のページ


■ 最新ディスクトップピクチャの紹介
毎週恒例の『ディスクトップピクチャ』ですが、今回も「かおりのあとりえ」より新作がでております。今回のタイトルは「ひんやり水のなか」ですって。

次にご紹介するするものが、『かわいいネコ』で人気の「NecoSoft」さんの新作3点セットです。ディスクトップの邪魔にならず、それでいてカワイイ絵がナイスな作品ですので、ぜひご覧ください。今回はパソコンも一緒に書かれた内容になっております。

◇「かおりのあとりえ」のページ

◇Neco 印の デスクトップピクチャ 集 その3(3種類)
 ( NecoDeskTopPicture III.sit.hqx (78K) を選んでクリックしてください)



8月5日
■ 英語のメニューを日本語にする、やまとメニュー 1.0.1J(最重要)
英語のソフトを使用してもメニューが日本語になる(日本語表示する)お便利ツール"やまとメニュー 1.0.1J"の紹介です。

私が実際に使用した感想ですが、今までの英語版ソフト全てが使いやすく身近に感じられるほどでした。

もちろん業務ソフトだけでなく、ゲームソフトなどのメニューも日本語表示してくれますので、ぜひダウンロードされ、コントロールパネルへ入れてお使いください。

◇やまとメニュー 1.0.1J のページ


■ HTML形式のメールは勘弁してください
皆さんから沢山のメールを頂くのですが、毎度々返事が遅れましてすみません。

で、中にはHTMLでメールを送られる方がおるのですが、結構困った状態に陥りやすい場合が多々あります。
たとえば、本人はきれいにレイアウトしたつもりがそうでなかったり、文字が小さくて読みづらかったり、場合によっては受け取る側のパソコンがフリーズしてしまったり、と、受け取る方には迷惑な事ばかりです。

できれば、お使いのメーラーの『HTMLメッセージ』の設定をしないで(切って)ご使用ください。なぜなら、HTML形式は現在普及の段階で、未だ一般的ではありませんし、現時点では使用するメリットが見いだせない状況下にあるからです。

◇『MicrosoftのOutLookは困ったちゃん』のページ



8月1日
■ Internet Explorer 4.01は実用に耐えうるブラウザか
まったく困ったもんで、正確にタグを打っているのに表示がおかしいかったりすると「ど〜せいっつ〜の!」と呆れたりします。

ホントに林檎の木の下でさん(8/1記事)やMac、Drug、Rock!!さん(7/31記事)のおっしゃる通りです。Microsoftも意地を張らないで、HTMLくらいは他と歩調を合わせてもらいたいものです。
(だから嫌われるんだっちゅぅ〜の)

そういえば、モトローラでPower PC 750の新製品(従来型と比較して消費電力&内部電圧が約半分)を発表しておりました。366Mhz、333Mhz、300Mhzの3種類ですが、今年秋から暮れ頃にはクロックアップの新型Mac(ディスクトップ&ノート)が出ると思われます。

それと、以前クールなバーチャルディスプレイ(フェイス・マウント・ディスプレイ)としてご紹介したオリンパスの『アイトレック』ですが、現在5万円を切る値段で出回っております。ただしゲームやテレビ鑑賞には最適らしいのですが、細かい文字等がにじむ為コンピューターのディスプレイとしては不向きではないか?と言われております。(使用しておらず未確認情報です)
そんなオリンパスが「アイトレック」とマウスパッドプレゼントを行っております。



過去の記事 INDEX へ戻る
Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です.
記載する記事や内容は保証できるものではありませんので、それに基づく事故等の責任はご遠慮ください。