Sorry, in Japanese language only.

いろんな人達が便利に使えるためのMacintosh関連情報を集め提供するサイトです。
使いやすいComputer、そしてバリヤフリーを目指しています。

ぷよぷよマイケル ようこそ いらっしゃいました
最終更新日 1999年2月

過去の記事 INDEX へ戻る




2月23日
■ Tex-Edit Plus 2.5.4J がでました
前回お知らせした"Tex-Edit Plus"が、若干のバグ修正にて新たにバージョンアップしました。

どうぞダウンロードされてご使用下さい。
(前回から採用された初期設定はとても使いやすいです。はい。)

◇Tex-Edit Plus 2.5.4J (929KB) 直ゲット (Tex-Edit Plus のページより)



■ やまとメニュー 1.2.3J がでました
英語のメニューを日本語に直してくれるやまとメニューが新しくなりました。

こちらもダウンロードされてご使用下さい。

◇やまとメニュー 1.2.3J PPC (144KB) のページ (NAGI-P SOFT より)



■ スティーブ・ジョブスが日本のテレビインタビューで答えます
あのアップルコンピューターのスティーブ・ジョブスが、とうとう今夜、下記2つのニュース番組で見られます。

"EXPO Tokyo 99"で収録されたテレビインタビューですが、放送予定日がわからずヤキモキしておりました。どちらの放送もiMac中心の話題になるんでしょうね。たぶん。

(収録の際、多忙のジョブスに3時間待たされた! とウワサされております)

・「筑紫哲也NEWS23」 番組放送時間 22時54分から 「インタビュアー筑紫哲也」

・「ニュースJAPAN」 番組放送時間 23時20分から 「インタビュアー木村太郎」



■ MacOS 8.5用サウンドセット「YOROZU」です
Mac OS 8.5 で新しく追加され便利になった機能のひとつに"音"があります。ファイルを開いたりメニューを選択する"ユーザーのアクション"に効果音が付く機能です。

このような効果音に限らず、使うユーザーに視覚的にも聴覚的にも変化を伝える努力をする。それこそがバリアフリーの思想です。きっとこの機能、弱視の方やご年輩の方に重宝がられていると思われます。

で、その新機能のアピアランス・サウンドセットがネット上にたくさん存在しております。その中でも今回ご紹介する「YOROZU」は落ち着いた方向きのサウンドセットです。特に「ゴミ箱を空にする」時の尺八の音色が諸行無常の響きでナイスです。

ダウンロードされましたなら、それを『システムフォルダ』の中の『アピアランス』というフォルダを開き、『サウンドセット』というフォルダへ入れて準備OKです。

その後、『システムフォルダ』の中の『コントロールパネル』にある"アピアランス"と言う名のコントロール書類を立ち上げ、"サウンド"の"サウンドトラック"を選べばすぐに諸行無常の世界です。

◇サウンドセット「YOROZU」 (1.8MB) のページ (AD2 Official Web Site より)



■ 音声による読み上げ装置について
おかげさまで今では「ぷよぷよマイケル」も、さまざまな障害を持った方々に見ていただくようになりました。特に身体障害とは別な、聴覚や視覚に障害のある方に見ていただけることは嬉しい限りです。

そんな中、視覚に障害をもち、補助的に『音声による読み上げ装置』を利用されている方からご指摘を受けました。
それは日付(月日)の記載方法です。

今まで私は「かっこよさ」と「記述文字数の少なさ」から2月23日とはせず2/23と、あえて"/"を多用しておりました。しかしこの文字はURLにて多用するスラッシュ。

視覚に障害のあるユーザーが『音声による読み上げ装置』に「月」と読ませるように学習させるとURLまでも月月月と「つき」のオンパレードのなってしまいます。日付はちゃんと漢字にて表記したほうが読みやすいそうです。

考えれば当然の事です。障害の有無に関わらず、きっと私の母親も2/23と書かれていれば戸惑うことでしょう。全くもって反省しました。

どうも今まで表計算ソフトなどで常用していたクセで、省略記号を使ってしまっておりました。あらためて反省しますと共に、お教えいただいた蛍さま、ありがとうございました。「ハートネットふくしま」ともども変更し、また新たにバリアフリーなページに生まれ変ることができました。
(また教えてくださいね!)




2月18日
■ 病院内での言葉使い
全く疑問です、病院内の医師や看護婦さんの言葉使いです。いおりさんのページを読んで、本当にそう思います。
特に年輩の方、ご老人に接する際に発せられる言葉使いに、大いに疑問を感じるのです。

入院経験のある方はご存じでしょうが、たいていの場合、一般病棟に入院すれば4〜6人用のベッドが置かれた部屋への入院となります。もちろん病状にもよりますし幼い子供は小児科に入りますので、一般的にはある程度の年齢以上が一般病棟となる訳です。

当然のように、そこには若者もおりますし中年やご年輩もおります。しかし、たいがいの病院内で見うけられる光景に「おじいちゃん、お薬飲んだぁ〜。」とか「は〜い、こっち向いてぇ。」てな言葉が聞こえてきます。

何言っとんのじゃ、こいつらは? 自分よりずっと人生の先輩をつかまえて。

などと思ってしまったりするのです。。

◇いおりさん発 Under the apple tree (2/18,敬語を使う病院) のページ




2月17日
■ Tex-Edit Plus 2.5.2J がでました
すでにご説明は無用かと思いますが、この"Tex-Edit Plus"とは"SimpleText"より多機能でしかも既存の"ワープロソフト"のように重くない、便利でサクサク動くテキストエディタです。

それはそれは重宝な一品でして、私はいまだに"これ"でホームページを書いております。

◇Tex-Edit Plus のページ

◇Tex-Edit Plus 2.5.2J (929KB) 直ゲット



■ フォント一覧 1.6.5 が新しくなりました
あなたが使っているMac、それ相応数のフォントが入っていると思います。
でも、フォントの名称で形(デザイン)が判別できますか? 特に英語フォントなどは理解に苦しむ名称にて、結局いつも同じフォントになっているのではないでしょうか。

一度このフォント一覧を利用して一覧を作り、プリント保存しておくことをお薦めします。

◇フォント一覧ほか のページ



■ WEREZ ってワレズといいます
ワレズっていうのはソフト・ウェアーズ(Soft WereZ)、「ウェアーズ」のことです。通称「ワレズ」と呼んでいます。

ま、パソコンのソフトを無断コピーして、無償もしくは有償でネット上に配布されている物の総称をこのように言っています。もちろん違法行為です。

パソコンソフトやゲームソフトではありませんが、中国では海賊版の音楽テープがあまりにも多く、当局すら手をつけられない状態だそうです。これらは違法コピーを有償で配布し、利益をむさぼる不法集団が多数実在しているからです。

私たちの住む日本では、カラオケ店での著作権使用料のほうがメジャーな話題ですし、あんまり海賊版はお目にかかれないです。

でも、個人で楽しむ分には違法ではありません。購入した音楽CDを自分好みにテープ編集したりする事に、なんら問題はないのです。

どうせ自分好みに編集するのであれば、デジタルできれいに作りたいのが人情。しかし違法コピーの危険性があるため、パソコンを使用しての編集には苦労が絶えない現状です。

手っ取り早く"ShrinkWrap"を使ってコピーしようとしても、許可されてないISOのCDとかはImageを作れないことになっています。「個人で楽しむのだから良いだろう」とモニターに叫んだところで叶うはずもありません。

そんな時はASTARTE社の"CD-Copy"です。コピー許可されてないISOのCDもお構いなしに吸い上げてくれますので。あとは"DiskImageMounter"でディスクトップへマウントしてやればOKなんです。

もちろんハードディスクにCDぶんの空き容量が必要なのは言うまでもありません。

◇ASTARTE社 CD-Copy 2.0.2 のページ

◇DiskImageMounter ver.1.0.1 (17.5KB) 直ゲット



■ gooやYAHOOよりもシャーロックでしょう
最近、インターネットの検索でgooやYAHOOへ訪問したことがありません。以前まではYAHOOで検索して「あ〜、引っかからなかったか〜。」とあきらめ、gooで検索し直たりしていたのですが、今考えると無駄な労力を費やしておりました。

Mac OS 8.5 以降は、何といってもSherlock。(シャーロック) これで検索すればダラダラと無駄な多数広告表示にいらつく事もなく、快適に素早く検索できます。

◇アップルジャパン・シャーロックの使い方 のページ

Mac OS 8.5 標準ではgooもYAHOOもありませんので、下記プラクインをダウンロードしご使用下さい。システムフォルダ内のインターネット検索サイトへ入れればすぐ使えます。

◇goo用.srcファイル 1.3 (2KB) 作者Formenos --- Mac & Mac & Etc のページより

◇Yahoo-Japan検索 (2KB)  作者Sherlock src File Archive-J のページより

また、この便利なSherlockの唯一の欠点として広告表示があります。仕方ないと言えばそれまでですが、この広告表示を出さないようにするソフトもあります。Sherlock Purifier 1.0.3 (E) です。

すべて英語ですので判りづらいですが、使用方法としては先ずこのソフトを立ち上げ「Choose Folder...」のダイアログが出た際、システムフォルダ内のインターネット検索サイトを選び「Select.インターネット検索サイト」と表示されたボタンを押せば完了です。
これで貴方も明日からは、スッキリテキパキ・インターネット!

◇Sherlock Purifier 1.0.3 (E)(PPC288KB) 直ゲット




2月10日
■ アップル・ヒストリー
アップルの人間模様とその歴史についての簡単な内容が紹介されているべーじの日本語版がでました。
スティーブン・ウォズニアクとジョブスの若かりし頃の写真や、懐かしいジョン・スカリーの写真をかいま見ることができます。

当時のアップルを懐かしむ私などは、スカリー氏の顔を見るたび昔のことを思い出します。(クアドアは我々庶民にはあまりにも高すぎましたよ。メモリーやグラフィックカードなどの必需品を搭載して計150万では・・・。)

話変わって、なんだか納期に追われる最近の生活に疲れております。(私事)
なんとかしたいな〜。(トヨタの鈴木さん、もう勘弁して〜)

◇アップル・ヒストリー



■ 丸いマウスは使いづらい?
iMacやディスクトップの新G3に付いてくるカワイイ丸いマウス。しかし以前のような使用方法では、その形状ゆえに前後の判別が紛らわしいことがあります。

長時間使っているうちに『いつの間にか、わずかに横向きに』なっている事に気づかず、変な動きになってしまう場合があったりします。

私などはその対処策として、持ち方を変えています。

普通皆さんは指先で軽くつまみながらマウス操作をしている方が多いのではないでしょうか。私も普段はそのようにし、主に手首で前後左右に移動しております。

しかし、あの丸いマウスへ向かうときは既存の概念を捨て童心に帰った使用方法で対処しましょう。
そうです、まるで子供が使うように、その小さなマウス全体を包み込むように手の中に納め、人差し指と中指からマウスケーブルが出ていることを確認しながら、腕全体で操作するのです。

気持ちの上では『指先でつまんで操作』から『手で操作』の違いがありますが、使い方を変えればそれなりに馴染んでくるようです。

しかし身体的障害などでマウス操作に前後の判別が判らなければ使用に支障を及ぼす方もいると思います。そんな方へ下記マウスはいかがでしょうか?構造は3つボタンですが、特別な設定をしなければ1つボタンの『いつものマウス』とまったく変わらない動作環境で使用できますので。

◇カントア・ユニマウス のページ




2月7日
■ FinderPop 1.7.7J がでました
お待たせしました。ご本家英語版バージョンアップから数日、日本語ローカライズされているOsamu氏の尽力によりFinderPop 1.7.7J がアップされました。(いつもありがとうございます)

若干の高速化と共に、【フォルダのクリック&ホールド時に“コンテンツ”メニューをポップアップ】という項目が加わり、やっと以前のようにフォルダをゴミ箱へ入れることができるようになりました。

(ここのチェックをoffにする事により、以前のようにフォルダをゴミ箱へ捨てられるようになります。)

ということで、皆さん、とりあえず下記からダウンロードされてご使用ください。設定についての詳しい説明書きはコチラにあります。

◇FinderPop 1.7.7J (238KB) 直ゲット (Osamu Satoh's Web Site)より



■ 快適ATOK12!
日本語入力に使用しておりますATOKがバージョン12となり昨日手元に届きました。

Net上のトラブル事例に目を通した上で慎重にインストールを行い現在数台にて動作確認を行っておりますが、私の環境下では問題もなく順調です。と言うか快適そのものです。

先ず、インストール後のファイルについては、機能拡張、初期設定、共にフォルダにまとまりセットされるため認識判別しやすくスッキリしました。(ごちゃごちゃしているのが嫌いな性格にて、精神的意味!)

使用に関しては、ふれ込み通りたいへん頭が良いようです。文節区切りでも、以前と比較してリターンキーの回数がぐっと少なくなりました。

何といっても「候補選択」をするときの「拡大表示」がありがたいです。
『環境設定』の『入力・候補2』を選択し『候補ウインドウ設定』をクリックして『表示サイズ:』を『拡大』に設定すれば、文字を選択するときも1回り大きな文字にて候補が表示されるようになり、以前のようにディスプレイに顔を近づけ肩を凝らせることも少なくなりました。

こういった配慮が「使いやすく人に優しいパソコン」になって行くのだと思います。ちょっとJUSTSYSTEMを見直してしまいました。



■ こんなノートが出たらないいな
次回登場予定のP1 (またの名をWebMate)ですが、どんな形で登場するのでしょうか?使いやすくてオシャレなノートだったらいいな〜。と思うのは私だけではないはず。

で、我々Macユーザーは下記プロダクトデザインのように納得できるスタイルになってくれる事を、大いに期待しているのです。

◇Design,Design,Product Design のページ




2月2日
■ iMac用というか、USB変換アダプタ付属3.5インチ230MBがでました
iMacではMOが使えない、とお悩みの方へ。
大丈夫です。各サードパーティーが、あれだけ売れているパソコン用の周辺機器を出さないわけがありません。

そんなロジテックより、640Mバイト対応の商品と230Mバイト対応の商品をそれぞれ発表、2月下旬より出荷予定だそうです。価格はそれぞれ640Mが83,000円、230M56,800円ですが、店頭価格はいくらに設定されるでしょう?安くなったらいいな〜。

このMOドライブはもともとSCSI仕様で、それを付属のUSB-SCSI変換アダプタを使用することによりiMacのUSBインターフェイスに接続するタイプですから、自前でケーブルさえ準備すれば既存のMacへも使い回しできるはず。

またロジテックでは、上記とは別にFireWire対応のMOドライブとハードディスクも3月中に出荷予定だそうです。
ま、これは実質のところ新型G3用となりますが「SCSIでは転送スピードが鈍くて接続ルールも面倒」との意見に応えての新規格搭載ですから、やっぱりこれからは400Mbpsの高速シリアルインターフェイスのFireWireでしょう。(そうなって欲しいとの私的願望も含めて・・・)

どれも2月18日より始まるMACWORLD Expo/Tokyo '99にて公開予定になります。

また、iMacで使用するフロッピードライブが必要な方はヤノ電気からUSB対応フロッピーディスクドライブがでていますよ。でも持ち運ぶのであればUSB対応Zipドライブという選択もあるのですが・・・。

◇iMac用USB変換アダプタ付属3.5インチ230MB(ロジテックのページ)

◇USB対応3.5インチ2HDフロッピーディスクドライブ(ヤノ電気のページ)



■ 新しいポータブル(ノート)は4種類?
以前のようにApple関係者のリーク情報が全く流れない現在、次にでる予定のノートタイプ概要がチンプンカンプン。

で、ZD Net の「東京での発表が期待されるポータブルマシン」を見て納得しました。現在のG3ノート一部修正(クロックアップその他)も含めて、合計4種類あるんですね。

どうも巷で流れる情報が様々だったので整理に混迷しておりましたが、「なるほど、あの画像はこれだったのか!」と妙に納得しております。

でも安心は禁物。全てが一気に出るはずもなく、それぞれに開発発表の段取りもあるでしょうから、取りあえずは2月18日のMACWORLD Expo/Tokyo '99にてどんな発表が我々を楽しませるのか?或いは東京での発表はないのか?真偽のほどは今しばらくかかりそうです。

話変わって、ImageStylerがほしいです。






過去の記事 INDEX へ戻る
Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です.
記載する記事や内容は保証できるものではありませんので、それに基づく事故等の責任はご遠慮ください。