Sorry, in Japanese language only.

いろんな人達が便利に使えるためのMacintosh関連情報を集め提供するサイトです。
使いやすいComputer、そしてバリヤフリーを目指しています。


ぷよぷよマイケルぷよぷよマイケル
  過去の掲載分 2001年3月


過去の記事 index へ戻る




3月30日
■ ジョブズ・インタビュー

今年はイヤになるほど雪が降る年のようです。今朝も窓のカーテンを開ければ外は雪景色。関東ではすでに桜が咲いているというのに、いま時期に積もるほどの雪が降るようなところに住んでいる私自身に呆れます。(早くスノータイヤからノーマルタイヤへ交換したいのに)

やっぱり老後は南国ですね。正直言えば老後と言わず毎年実感しているのですが、なにせ先立つものもなく諦めの境地に至っていたりします。

さて、昨日クローズアップ現代(NHK)で放送されたS.ジョブズ・インタビューですが、映画トイ・ストーリーや綺麗ななiMacのコマーシャル映像が放映されたり、周辺の事情を知るものからすれば感慨深い内容であったことでしょう。

ジョブスの語っていたパーソナルコンピュータの進化として第3の段階、つまり『人間の感情を表現する道具』への段階へきているといった内容や、金儲けで始めるITベンチャーへの警鐘など。なるほどなぁと関心する話でした。

そう言えば、つい最近も私のところに、そんなITベンチャーであろう広告がきていました。過去もてはやされ耳にタコができるほど聞き飽きた「ポータルサイトを...」なんて古い言葉が書いてある宣伝文句に呆れながらサイトを覗けば、バナー広告募集中の文字が並ぶコンセプトに乏しい内容が予想通り。(せめてレイアウト崩れくらい事前に各機種で検証できなかったのだろうか)

いずれにせよ単に情報を扱うのであればYahoo!とかアンテナ系(いぬリンクとか)の方が圧倒的に便利。そして人それぞれの目的も多種多様。今どき「あなたのポータルサイトに...」なんて言っているような拝金ベンチャーは淘汰される時期なんでしょう。

それにしてもジョブズが語っていた人間の感情を表現する道具としてのパーソナルコンピュータかぁ。文字や音楽、画像、映像、ほかにジョブスは何を考えているのでしょう。



■ 朝マックメニューは?

テレビを見ていたら「朝マックメニューは?」と言っているマクドナルドのコマーシャルが流れていました。

なに? マックのメニューですか。 んと、ファイル・編集・表示・ウインドウ・特別・ヘルプだあ。おっと、OS X なら移動もあるぞぉ。と思ってしまうアナタは、きっとディープなマックユーザーに違いありません。



ページ最上部へ戻る

3月24日
■ Mac OS X 到着

事前にアップルストアからメール連絡があったとはいえ、『Mac OS X』が発売当日の午前中に届けられると嬉しくなってしまいます。なかなかいいぞ、アップル。

すでに昨夜のうちにハードディスクも2つに切り分けインストールの準備は済んでいるので、これからじっくりと楽しみたいと思っています。(うふふ)



ページ最上部へ戻る

3月22日
■ AtermIT21L不具合による無償回収のお知らせ

NECのオシャレなTA『AtermIT21L』ですが、出荷した製品の一部に不具合があったそうで、現在該当製品無償回収のお知らせを出しております。

製造番号で判別できるようですので、この機種をご利用の方はNECの「AtermIT21L(平成12年4月発売)をご使用のお客様へ」をご確認下さい。

ふと思ったのですが、今やいろんな所がブロードバンドの話題で盛り上がっています。で、今現在の日本におけるネットユーザーの実体はどうなんでしょう。

私の住んでいるところでは去年秋にやっとフレッツISDNが始まったばかりのため未だに変化のない速度です。ま、そんな中せこせことルータを介してネットに勤しむ惨めな私ですが、他の方々はどうなんでしょう。

企業は別として、一般家庭に於いては電話回線でモデムを介した接続環境(56kbpsとか)が大半でしょう。もっともっとブロードバンドの波が広がり接続料金も低価格になって、財布のひもが堅い主婦層や高齢者層も納得できる環境になるといいなぁ。と思ったりするのです。

ただ、どうしても地域による人口密度の弊害としてブロードバンドの波が偏ってくることも事実。ですからこのままでは居住する地域による物理的なデジタル・デバイド(情報格差)がますます大きくなってくるでしょう。今後ブロードバンドに合わせたコンテンツが増えれば、さらに顕著に。

始まった頃は『地方にとって情報格差が埋まる夢の技術』だったインターネット...。今、田舎に住むデメリットをデジタル・デバイドとして語らなければいけないとすれば、根幹にある政府の無能ぶりは田中角栄『日本列島改造論』の時代と変わらないのではないでしょうか。



ページ最上部へ戻る

3月21日
■ Macを無償譲渡とはうらやましい

MACお宝鑑定団』で知ったのですが、名古屋商科大学では新入生へiBookを無償譲渡するんだそうです。さらに有償(12万円)でPowerBook G4も可能とか。しかもキャンパス内はAirMacでの無線LAN環境が整備されているなんて、Macユーザーにとってなんとも贅沢でうらやましいこと。

そういう目で見ると名古屋商科大学のサイトそのものもアクアな作りで、これまた好感度アップです。いいなぁ、この大学。そんな事だけでコロッとファンになってしまう、単純な私でした。



■ 悩むCD-Rドライブ

今までCD-Rドライブにそれほど興味がなかったのですが、iTunesで手軽に音楽を聴けるようになると「手軽に選曲した音楽を自動車のCDでも」と思ってしまうのが人情でして、現在良いCD-Rドライブを物色中です。(正確にいえばCD-RWドライブ)

考慮している点は3つ。1つは書き込み速度の速いドライブ。数分で書き込み完了できるのであれば手軽度も大きい。2つめが、書き込み速度に付随する接続方法。これからを考えるとSCSIではしょうがないので、FireWire接続がベスト。現状のUSBでは転送スピードが遅いため候補外。3つめが実売価格。安いにこしたことはないですし...。さらに欲を言えば一緒に付いてくる書き込みソフトが『Toast』であれば嬉しかったりします。

で、「元Sawtooth怪造計画」さん経由「BURN-UP! Cd-r eXtentions Rev 2.5/ CD-R For A New Generations!」さんの情報で知ったのですが、『ヤマハCRW2200』に注目してしまいました。世界初の20倍速ですって。外周と内周で速度は可変となるらしいですが、わずか6分ちょっとで書き込み完了するのであればとってもお手軽。2001年第2四半期出荷予定だそうですが、販売される日が楽しみな商品です。

音楽CDもCD-Rも詳しくない私ですが、「Audio Visual Watch」に連載されている藤本健の週刊 Digital Audio Laboratory「迷信だらけのデジタルオーディオ」は勉強になりました。たしかに、街角の販売店などで「このメディアだったら音に濁りのない書き込みができますよ」なんて言われたなら信じてしまいますよね。



■ Google用Sherlock2のプラグイン

InfoseekとかLycosとか色んな検索サイトがありますが、それらを1つ1つ訪問し目的の項目を検索するのも面倒な話です。「ならばまとめて検索しちゃいましょ」っといった発想で登場したのがMacのアップルメニューにある『Sherlock 2』。とても便利で重宝するツールです。しかし、すばやい検索とヒット率の高さから一気に有名になったGoogleは、Sherlock 2 のプラグインに入っていません。

で、Macユーザーが高機能なGoogle用 Sherlock 2 のプラグインを作り公開しております。6つのプラグインがセットになっていますので、サイトに書かれている説明を読みご利用下さい。



ページ最上部へ戻る

3月20日
■ ご無沙汰でした

40日ぶりのご無沙汰です、お元気でしたか。私自身しばらく更新しない間に、いろんな事がありました。おもしろいところではPowerBook G3(FireWire)のハードディスクを20GBへ交換したことでしょうか。

IBMの2.5インチハードディスクDJSA-220をイートレンド PC SHOPから通販で2つ購入し古い物と交換。その後、取り外した古いハードディスクを知人(2人)のPowerBook G3(Bronze Keyboard)へドミノ移植したのでした。

ただ、2台ドミノ移植した中で1人は「以前よりも容量が大きくなって良かった」と、とても喜んでくれた為、好意であげた私としても嬉しかったのですが、もう1人の方は「タダなら貰っときましょ」てなスタンスで、その後のオフ会も知らんぷり。あぁ、渡す相手を間違ったなぁ。もっと切羽詰まった環境であるはずのkuroneco氏やいがりさんへ廻すべきだったなぁ。と反省したりしたのでした。(後悔先に立たず)

本来ならデスクトップで使っているPowerMac7300の内蔵ハードディスクや、ただいま外出中のPowerMac6100とPowerMac7100もなんとかしなくちゃならないのだろうけど、SCSIだしなぁ、と言うより、最近の低価格Mac商品を見ると、旧機種へお金をつぎ込むのがもったいないような気がして。

正直言ってしまえばApple Cinema Display 22インチフラットパネルモデルの魅力に勝てず、頭の中では"それ"を中心とした本体や周辺機器の画策がはじまるのですが、はじき出される金額に唸り、けっきょく購入を断念しているのが現状です。私にとっては今も昔も変わりなく「いつかは大きなディスプレィで」という気持が大きいのでした。



■ 決断するのも勇気がいるのでした

いろんな人達の貴重なご意見を元に、視覚障害の方への『テキストページ』を黒バック白文字へ変更しました。黒バック白文字にすることで読みやすい方々が多いことは承知していたのですが、Netscape 2 が黒バック未対応だったため今まで躊躇していたのです。

背中を押してくれた一言が「もう、そんな時代じゃないだろう」との言葉でした。確かにそうかもしれません。今や『考慮されていないFlashで着飾ったサイト』で迷子状態になる事が問題である彼らにとって、そんな化石のようなブラウザは使わないのかもしれません。

でもやっぱり、変更した今でも「本当にこれでいいのかな」と自問自答しているのも事実だったりします。Webマスターとしていろんな意味で難しい問題も多いですが、何にも考えていない作りの地方自治体のサイトや病院関係のサイトとは明らかに違う物づくりを、これからもしていきたいです。

変更といえば、以前訪問した際に『最愛のiMacえへへ日記』のタイトル画像が変わったなぁと思っていたのですが、最近『最愛のiMacお〜ほほほ日記』のサブタイトル画像を発見。なかなかおもしろいキュートな作り(変更)だったのですね。

おもしろつながりでさらに、『へんてこ日記-初心のこころだあ』さん経由で訪問した『eddieのトキドキ日記』さんで書かれた3月15日の日記「どんな女も、心開けば...」は可笑しかった。



■ もうすぐMac OS Xの発売日

しばらくATOK14を使っています。で、普段なにげに使って思うのですが「頭がいいなぁ」と言うか、変換効率が良くストレスの溜まりにくいと言うのが感想です。

オマケというか、付録的な他の機能にさほど魅力もなく購入したのですが、導入後ストレスが軽減できた現状に満足しています。(あ、なんだか提灯記事広告みたいになってしまった)

それと『ARENA Internet Mailer』(アリーナ・インターネット・メーラー)の新しいバージョンである『ARENA Internet Mailer2.0正式版』も良いです。旧バージョンでは添付ファイルの存在が判りづらかったのですが、それが判りやすく変更されています。他のメーラーを使っている方には是非ともお奨めしたいメールソフトです。

話変わって、発売日まであと4日となった Mac OS X。人身御供としてアップルストアーへ予約注文した私の手元へも当日送られて来るのでしょうか。「夏にはリリース2が出るだろうな」とわかっていても購入してしまうこの性格が、マック貧乏から脱却できない原因です。(とほほ)



ページ最上部へ戻る




過去の記事 index へ戻る



Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です。
記載する記事や内容は保証できるものではありませんので、それに基づく事故等の責任はご遠慮ください。