過去の掲載 - 2005年 12月分

過去の記事 index へ戻る


12月 26日

年賀状、毎年の恒例行事ですが

いつも送っていただいております方々に申し訳ないのですが、来春は、私は年賀状をお送りしない事をお許し下さいませ。心身共にお祝いできる状況にないのが本音です。

今年後半になって、我が家の「マイケル」もそうなんですが、身近のとても仲の良い人の病死や思い出深い人の他界など立て続けに不幸があり、身体的にも褥瘡と火傷が続き、心情としてはけっこうブルーです。

来年は良い年でありますように。

このページ上部へ

12月 8日

涙が止まらない

実は 今月6日、「ぷよぷよマイケル」のタイトルに表記しておりました我が家のアイドル猫が他界しました。12年の生涯でした。

猫の習性からすれば余程の体調不良の際は隠れるのですが、我が家の猫(マイケル)の場合、自力で私の母親のベットへ向かってくれたのが幸いし、最後まで看取る事ができました。

瞳孔が開いたままの状況に、「これは危ない」と察していたのですが時は真夜中。明日1番にいつもの動物病院へ連れて行こうと思う間もなく母の腕の中で逝ってしまいました。

いま思えばほんの数時間ですが、だんだんと目が見えない状況になってきていたようで、その最中、時たま寂しく泣く声がまるで「寂しいよ」と訴えているような声で・・・  まるで古代人のように、その最中はただ涙しながら奇跡を祈るしかありませんでした。

6日早朝 4時15分に、家族の見守る中、ぷよぷよなおなかをした我が家のアイドル猫「マイケル」は他界しました。

凛とした立場でいたいんですけれども、どうしても1人になると涙が止まりません。気づかないようにこっそり泣いているつもりですが、涙と一緒に鼻水が出るもので隠すのに苦労しています。

名前を呼べばしっぽを立てて来るような、私にとって、ほんとうに「めんこい猫」でした。

このページ上部へ
過去の記事 index へ戻る

E-mail niyan@mac.com
記載する記事や内容は保証できるものではありませんので、それに基づく事故等の責任はご遠慮ください。
Macintoshはアップルコンピュータ社の商標です。