MoveMouse 3.0 について

このページはリンクフリーです、どうぞご自由にリンクして下さい。
また、メールを頂ければ、バージョンアップの度にご連絡いたします。

みなさんからの新鮮なご意見、情報をお待ちしています。気軽に メール下さいね。

MoveMouse 3.0「こちら」からダウンロードできます。(39K)
ダウンロードがうまくいかない方はキーボードのオプションキーを押しながらクリックして下さい

MoveMouse 3.0は、マウスポインタの移動を助けるコントロールパネル書類です。

この手の「ダイアログアラートへ自動的にマウスポインタを移動させる」系ツールは、ほかにも「Mouse Navigator」や「Snap-To」「Alertia」等たくさんあるのですが、ほとんどが瞬間的に移動してしまうのでマウスポインタを見のがし、かえって不便な場合もあります。

その中でもWindowsで有名な「ちゅうちゅうマウス」のように、マウスポインタの移動をユーザーに認識させながら動いていくタイプのものがMoveMouse 3.0です。

Windowsの画面の中でスマートに自動で動いているマウスポインタを見て、「便利そうだなー」と思ったマックユーザーも多いはず。

モ初期設定画面"

このMoveMouse 3.0も、マウスポインタをまるでアニメーションを見ているかのようにアラート中の「保存」などの上まで、自動的にわかりやすく移動させることができます。
これを機に ダウンロードされて ご使用下さい。


-機能と使い方-
【インストール】
MoveMouse 3.0を「システムフォルダ」の「コントロールパネル」へ入れて再起動します。

【一般的な設定】
「コントロールパネル」へ入れたMoveMouse 3.0をダブルクリックして、設定画面を開きます。
各種項目がありますが、わかりやすく、そして使いやすい設定として下記のようにしてみて下さい。

(図1)

モ初期設定画面が表示されます"


●MoveMouseを動作させる:はON,OFFのスイッチです。

●ウインドウ:はウインドウが開かれたときに、チェック箇所へ移動します。
 (この3箇所はトラブルの原因になりますので ”空欄 ”のままにして下さい。)

●ダイアローグ:は保存やキャンセルなどのアラート表示のときに、そこへ移動します。
 (”ボタンがなければ内部へ移動 ”をチェックすると便利です。)

●共通設定
●マウスの移動速度:はマウスが自動で動く速度を設定します。
 (ここは”低速 ”にチェックしてください。)
 ※ マウスの移動速度を速めに設定するとMoveMouseを使用する効果が薄れます。
【高度設定】
非常に便利なMoveMouseですが、Excelを高次元で使用(複雑なマクロやVBAなど)される方や、ダイアログが通常と異なる特殊なゲームを使用される方などには、かえってマウスの移動がわずらわしかったりします。

そんなときや、それらのアプリケーション(ソフト)で違ったマウス移動を設定したいときなどは、下記のアプリケーション個別設定の中で個別に各種設定ができます。


(1)先ず、アプリケーション個別設定の白い空欄部分をマウスでクリックします。

モ初期設定画面が表示されます"


(2)次に、下の設定(変更)の部分をマウスでクリックします。

モ初期設定画面が表示されます"


(3)そして設定したい(あるいはMoveMouseの動作を停止させたい)アプリケーションを選び出します。

モ初期設定画面が表示されます"


(4)アプリケーション個別設定の部分に該当の名前が表示されたのを確認し、各種マウスの設定をします。
 (MoveMouseの動作を停止させたい場合はすべてチェックしない”空欄 ”にします。)

モ初期設定画面が表示されます"






以上、簡単な解説ですが、どうぞお試しください。


 Macの救急箱へもどる 

PRESENT BY [ぷよぷよマイケル] TOP PAGE

ご意見、ご希望はこちらまで
E-mail:niyan@mac.com