ぷよっと飛び出す「ポップアップ・ウインドウ」



リンクフリーですので、リンクはご自由に。
みなさんからの新鮮なご意見、情報をお待ちしています。気軽にメール下さいね。





あなたのMacにも、右上のほうに「Macintosh.HD」と書かれたものがきっとあることでしょう。それはMacのハードディスクを表すアイコンです。

それをマウスでトントンと2回ノック(ダブルクリック)すると、シュワッというアニメーションと共にウインドウが開いて、中にあるものが表示されます。

そこには、たぶんきっと数種類のフォルダが並んでいることでしょう。さらにそのフォルダをダブルクリックすると、また新たにウインドウが開きます。

こんな事を数回繰り返していると、あなたのMacはウインドウだらけ........。「あれ〜、さっき見たのはどれだっけ?」てな状態になってしまうことでしょう。

トントンとダブルクリックし中が開いてある状態のウインドウが、時にはじゃまな時もあることでしょう。でも、また開く時を考えると閉じてしまうのも面倒。

こんな時、もしあなたのMacが「Mac OS 8」以降であれば問題はすぐに解決します。大変便利なポップアップウインドウという機能がありますので。

その開いてあるウインドウ、上の部分にフォルダ名が書かれていますよね。その付近をマウスで押しながら動かすと移動するのはご存じのとおりです。

で、ちょっと思い切り(勇気をもって)画面の一番下まで持っていきましょう。マウスでつまみ、移動させながら下に持っていくと、あら不思議! ウインドウ上部の形が変わってしまうのです。変化したなら、そこでマウスを放してください。ウインドウの名前だけが見えるポップアップウインドウに変身します。

使い方はとっても簡単。それをマウスでトンと1回ノックすれば、ぷよっと飛び出す便利な窓、すなわちこれがポップアップウインドウです。

置いた場所が気に入らなければ、マウスでつまんで移動もできますが、残念なことに画面底辺しか置けませんのであしからず。もとのウインドウに戻したければ、そのまま上につまみ上げてください。簡単に戻ります。

普段よく使うものならば、いちいちルートを辿って開く作業をすることは無いのです。このポップアップウインドウで一件落着でしょう。

<ここから上級編>

ちょっと昔、手軽に使えるランチャーが便利でした。しかしそれすら画面を占有します。そこで、ポップアップウインドウを使ったランチャーもどきを作りましょう。

日頃使う頻度の高いものを選びエイリアスを作っておき、新しいウインドウ(フォルダ)にまとめましょう。

そして、そのウインドウが開いてある状態のまま、上部の「表示」メニューで「ボタン」を選びます。さらに「表示」メニューの「表示オプション」を選択し、ボタンの大きさを小さいアイコンに変更すれば小さなボタンアイコンに変わります。

そうして表示変更されたウインドウを、画面底辺までマウスで移動しポップアップウインドウにすれば、天下無敵のオリジナルランチャーができ上がるのでした。



以上、簡単な解説ですが、どうぞお試しください。


 Macの救急箱へもどる 

PRESENT BY [ぷよぷよマイケル] TOP PAGE

ご意見、ご希望はこちらまで
E-mail:niyan@mac.com